WorkFlow設計の流れ

  • 1.初回相談(無料)

    ご予算やご要望、設計条件やご希望の建設時期、趣味嗜好などを伺います。お客さまのご要望やこだわりをお聞かせください。また、気になることは何でもご相談ください。その際、ご予算や敷地の資料などのご準備をお願いする場合があります。

  • 2.プレゼンテーション(1~2ヶ月)

    ご相談内容を踏まえて調査を行い、ファーストプラン・模型・概算の見積もり書を作成。わかりやすい資料にまとめてプレゼンテーションいたします。気になる点がございましたら遠慮なくご質問ください。

  • 3.設計・監理業務委託契約

    プランおよび見積もり内容にご満足いただけましたら、設計図書の作成・工事管理の依頼契約を行います。
    ご納得いただけなかった場合やフィーリングが合わなかった場合は、残念ですがお断りしていただいても構いません。なお、設計契約に至らなかった場合、プレゼンテーション資料作成費として7万円をいただいております。

  • 4.基本設計の構築(2~3ヶ月)

    「設計・監理業務委託契約」を結んでいただきましたら、基本設計に着手いたします。施主さまのご要望、法律、建築技術、意匠などの面を考慮し、建物の基本設計を決定します。
    ここでは、構造・設備も含めた具体的な計画を行います。それ以降の大きな変更はできない場合がありますので、打ち合わせを重ねながら慎重に進めていきます。

  • 5.実施設計の作成(2~3ヶ月)/ 確認申請(1~2ヶ月)

    基本設計が完了しましたら、微調整を行いながらより詳細な実施設計を行います。この段階でも何度か打ち合わせをお願いいたします。実施設計が終わりましたら、ご説明・ご確認いただいて確認申請を行い、確認済証を取得いたします。その他の申請・届出業務もあわせて行います。

  • 6.工事見積もり・調整のうえ、建設工事請負契約(1~2ヶ月)

    施主さまから施工者のご指定がなければ、当社にてこれまでの実績と経験から施工者をご提案いたします。ご承認いただいたうえで、施工者を指名して本見積もり・建築工事金額の決定を行います。金額が折り合わなければ、設計内容の見直しや微調整を行い、再度見積もりを行います。施工者が決まりましたら、施主さまと施工者の間で「工事請負契約」を結んでいただき、いよいよ着工となります。

  • 7.建築工事・現場監理(5~6ヶ月)

    いよいよ、工事を行います。施工者と綿密に打ち合わせをしながらしっかりと設計意図(設計内容に関する思いや注意点など)を説明いたします。
    さらに、現場での定例会(月2回程度)や諸検査を行い、設計図書の通り建物ができているか建物完成まで現場監理いたします。

  • 8.竣工検査・お引き渡し

    施工会社や設計者・監理者などの工事責任者が竣工検査を行ったあと、施主さまにもお立ち会いいただき最終チェックを実施、お引き渡しとなります。
    お引き渡しの際は、建物・設備に関する取扱説明を行います。

  • 9.アフターケア

    お引き渡しから1年を目処に、施主さまと日時調整のうえ、建物を建てた建設会社と一緒に建物・設備の点検に伺います。施主さまへのヒアリングも行いますので、不具合や気になる点がございましたらお申し付けください。その場で調整できるものは調整いたします。
    点検結果は、こちらの調査結果もあわせて整理し、手直し日時も含めて後日報告に伺います。手直し完了後は私どもが確認に伺います。それ以降も何かございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 10.設計・監理業務報酬について

    建築設計事務所の業務報酬基準については「国交省告示第98号 平成31年1月21日」に定められております。池田設計室ではそれに基づいて設計料を算出し、工事費額に対して8~10%程度で行っております。